×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インプラント治療の基礎知識

インプラント治療後、どのくらいの期間インプラントは正常な状態を保っているのでしょうか? こちらでは、インプラントの耐久性について紹介したいと思います。
インプラントは、メンテナンスをしっかりおこなえば長期間の耐久性が期待できます。
半永久的に使用できる可能性もあるのです。

現在インプラントに使用されている材料は純チタン製で、通常の使用では破損の心配はないと思っていいです。 表面に酸化チタンの膜があり、その膜が内部のチタンの腐食防止の働きをしています。
実際、40年以上前に植立されたインプラントが、今でも問題なく使われているケースもあるんです。

インプラント治療で大切なことは、定期的なメンテナンスです。
もし摩耗や破損があった場合に対応してもらえることが最も重要なのです。
インプラント治療を受ける時は、主治医の先生とメンテナンスのことについて 納得いくまで相談をしましょう。

インプラントは、その材料自体は、耐久性があるのですが歯周病などの歯茎の病気が原因で駄目になって しまう場合があります。なぜなら歯周病が原因でインプラントを支えている土台の骨が悪くなりインプラント自体を 支えることができなくなるためです。

ですから、インプラントが歯周病などにかからないように、定期的な検診がとても重要になります。
インプラントの寿命をより長くするためには、食後のブラッシングを習慣付けるなど、 自分自身で口内環境を清潔に保つことが大切なんです。

ページのトップへ戻る