×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インプラントの種類

インプラントのメーカーは、全世界で100社以上あると言われています。
オリジナルのインプラントを製造しているメーカーはほとんどなく、 ほとんどはブローネマルク教授の開発したインプラントのコピー品や派生品と言われています。

主なインプラントのメーカーとしては、I.T.I. インプラント、ブローネマルクインプラント、スイスプラスインプラント、 アストラインプラントなどがあります。

I.T.Iインプラントは、インプラント体が短い為に日本人に適しているようです。
治療期間も他と比較して短く、費用も比較的安いといえます。

インプラントにもいろいろな形があります。
一般的に使われているインプラントは、スクリュータイプ、ブレードタイプ、シリンダータイプ、中空型などです。

スクリュータイプは、ねじのような形状をしたインプラントです。
骨にドリルでねじ切りし、そこに埋むやり方です。比較的安定したインプラントといえます。

ブレードタイプは、幹のような形で、幅が薄いので狭い箇所にも埋めることが可能といえる インプラントですが、破損しやすいといわれています。
シリンダータイプは、ねじのついていない円筒型のインプラントです。
現在良く使われているタイプです。安定していますが、初期の頃は弱いので二回法が良いといわれいます。

中空型は、スクリュー型に似ていますが、文字通り、中が空洞のタイプのインプラントです。 そのため、骨を削る量も少ないメリットがあり、噛む力を効率的に伝えることができるようです。

ページのトップへ戻る